保活は1歳児では遅いとして、0歳児から保育園を希望する人が増えています。0歳児を保育園に預けることはできますが、どんな風に保育が行われているのか気になるところではないでしょうか。安心して預けるために、0歳児クラスの実態や気になるメリット・デメリットについてもお伝えします。
 

保育園に0歳児が入園するための基礎知識

保育園には0歳児が多く入園しています。1歳児からではすでに保育園の空きがなく入園できなくなってしまうため、0歳児から入園させ、職場復帰しているママも多くなっているからです。
 

0歳児でも保育園に入れる

それでは、0歳児のいつから入園できるのでしょうか。実は受け入れ可能年齢などは保育園ごとに設定されています。それぞれ施設状況が異なるため、受け入れができない場合もあるためです。

0歳児を受け入れる保育園において、もっとも早い月齢では、生後57日以降を受け入れ可能としている園がみられます。これは、産後8週間は基本的に出産した女性を働かせてはならないという事業主側の義務があるためです。

産後休業は、出産した女性の身体を保護する目的があります。産後の肥立ちというように、産後すぐに無理をすると身体に支障を来しやすいといわれているからです。

こうしたことから、産休明けに保育園に子どもを預けられるように、0歳児の受け入れを生後57日以降としているところが多くみられるのです。

もっとも、保育園によっては、生後3ヶ月以降、6ヶ月以降など設定しているところもあります。入園を希望する園の受け入れ可能月齢などは確認しておく必要があります。
 

0歳児でも入れる保育園とは入れない保育園の違い

保育園によっては、満1歳児から受け入れ可能としているところもあります。このような違いが出るのはどうしてでしょうか。

それは、保育園の施設の違いがあります。0歳児は赤ちゃんですので、自分で動くことがほとんどできない月齢が多いのです。そのため、ほぼ保育士がほぼかかりきりで面倒をみる必要があります。

法律で定められている要件としても、0歳児クラスは、保育士1人あたり0歳児は3人までしか保育することができません。人手不足が叫ばれている保育の現場では、保育士の数を増やすことが難しいという側面もあります。

こうしたことから、受け入れる保育園とそうでないところとの差が出てくるといえます。
 

0歳児で保育園に入園するメリット

iStock-669678186
0歳児で保育園に入れるメリットはどのようなものがあるのでしょうか。
 

育児ノイローゼから解放される

ワンオペレーション育児から育児ノイローゼになってしまう、産後うつになってしまう女性も多くみられます。保育園に預けることによって、0歳児の育児から解放されることになります。
 

育児面の相談ができる

夫婦以外で保育士の関わりがあることによって、発達面や育児上の悩みなどを相談することができます。特に最初の子どもの場合、育児書とかかれている内容を自分の子どもができずに悩んでしまう、という事態を防ぐことができます。
 

人見知り前に保育園に入れられる

慣らし保育で困ることが子どもの人見知りです。しかし、0歳児では人見知りが始まる前のため、保育園に慣らしやすくなります。
 

入園しやすい

0歳児クラスの方が、1歳児クラスに比べて入園しやすい傾向があります。育休を最大限取ろうとする女性も多いためです。そのため、1歳児クラスに入れようと保活をしても入れないというリスクを回避することを期待できます。
 

仕事に復帰できる

0歳児から保育園に預けることができれば、仕事に復帰することができるようになります。早く仕事に復帰したいという女性の希望がかないます。
 

多くの子どもとの関わりができる

兄弟が少ない現代社会において、ほかの子どもの製作を見たり、遊びをすることで学べる機会があります。運動会などのイベントなどで楽しむこともできるでしょう。
 

クラスだよりなどで雰囲気を知ることができる

子どもの様子は日々の連絡帳やクラスだよりなどで雰囲気を知ることができ、情報収集ができます。
 

0歳児で保育園に入園するデメリット

iStock-674299570
続いて0歳児で保育園に入園するデメリットについてみていきましょう。
 

初めてが見られない

0歳児の育児は、子どもが初めてできる機会をよく目にすることができます。言葉を話した、立った、走ったなどです。こうした初めてを見られるのは、ずっと一緒にいて育児するからです。預けてしまうと離れている時間が長いため、初めてを目にするチャンスを逃すかもしれません。
 

完全母乳で育児できない

卒乳は、1歳から1歳半になされます。個人差はありますが、0歳児から預ければ、ミルクは何らかの形で必要となりますので、母乳ではなくミルクになります。母乳を受け入れてもらえる園を探すことで解決する場合もあります。
 

病気にかかりやすい

0歳児は免疫がついていないため、病気にかかりやすくなっています。大勢の子どもたちが過ごす保育園は、インフルエンザなどの感染症も蔓延するリスクがあります。
 

仕事との両立が難しい

0歳児の場合は、女性も出産後すぐのため、身体がまだ完全に戻っていないのに仕事と育児の両立を求められてしまいます。保育園と職場と自宅の移動やその他仕事や保育園の準備などで身体面で両立が難しく感じる場合もあるでしょう。
 

0歳児で保育園に入園する乳児の人数

iStock-544353860
厚生労働省が2019年9月に公表している「保育所等関連状況取りまとめ(平成 31 年4月1日)」によりますと、0歳児に保育園に入園する乳児の人数は、2019年4月で152,780人になっています。約16%という比較的多い割合で0歳児に入園していることが分かります。
参考:https://www.mhlw.go.jp/content/11907000/000544879.pdf
 

乳幼児が保育園に入園する年齢別の割合

iStock-878897830
なお、乳幼児という0歳から2歳までに保育園に入園する年齢別の割合はどのようになっているのでしょうか。先ほどの統計からみていきましょう。

保育園の利用率としては、乳幼児全体である3歳未満児(0~2歳)では、2019年4月では、37.8%で、前年の36.6%を上回っています。

このうち0歳児については、2019年4月で16.2%、前年は15.6%でした。1,2歳児は、48.1%で、前年は47.0%に、3歳以上児は、53.7%で前年は51.4%と、いずれの年齢でも前年度を上回る数値になっています。
参考:https://www.mhlw.go.jp/content/11907000/000544879.pdf

あくまで割合ですが、待機児童が減ったことで受け入れ数が増えたこと、出産後も仕事に復帰する女性が増えてきていて、保育園に入れたいと希望する人が増えたためと推測されます。
 

まとめ

3歳までは手元で育てた方がよいといういわゆる3歳児神話や育児休業を長く取ることができない、仕事をしないと生活できないなど、それぞれ個々の家庭によって状況や育児への価値観は異なります。

0歳児でも受け入れ可能な保育園もありますし、デメリットがある反面メリットもあります。0歳児を保育園に預けるかどうか迷っている場合は、こうしたメリットデメリットをきちんと吟味してみて決定することをおすすめします。