ダイバーシティー

【特別連載・第二弾】男性だって時短は当たり前!環境の変化を楽しんだ日本人父に聞く、皆をハッピーにする男女平等子育て社会のリアル

※当連載は2019年にデンマークで働く3名に実施したインタビューを元に書き起こしています。 「世界一幸せな国」として知られる北欧の小国・デンマーク。男女平等で、ワークライフバランスがとれた理想的な社会として謳われるデンマークで実際に働く人々はどのような価値観を持ち、どのようにキャリアとライフを両立させているのでしょうか。代表古屋がデンマークを訪れ、3名の方に直接インタビューを行いました。   一人一人のキャリア・ヒストリーを深く辿る事で見えてきたのは、デンマーク流の働き方が日本とは程遠いものではなく、日本社会の延長線上にあり得る未来であるということでした。日本のアフターコロナ時代を幸せに生きる上でも参考となる考え方を「幸せの国・デンマークで働く男女3名のリアルに学ぶ、アフターコロナを幸せに生きるためのヒント」をテーマに連載でご紹介します。 お二人目は、デンマークで建築エンジニアとして活躍されている2児の父、蒔田智則さん。世界の第一線で戦う一方、ご家族との時間を第一に考えたライフスタイルを確立されています。デンマークはなぜ子育てがしやすい国と言われるのでしょうか。日本人との意識の違いは何なのでしょうか。日本で生まれ育ち、デンマークに移住された日本人父・蒔田さんに、デンマークにおける子育てとキャリアの両立について、お話を伺いました。 デンマーク人との結婚で「女性は三歩下がるもの」という概念が覆された

  • 本間 美夏
    本間 美夏
8 min read