「我が家は貯金が少ないのでは?」「どんなに頑張っても貯金に回す余裕がない…」
そんなお悩みを抱えている人も多いでしょう。
今回は、20代・30代・40代それぞれの平均貯金額(金融資産保有額)と、貯金ができる人・できない人の特徴を検証してみました。

 

20代の貯金

iStock-1068637342
まずは20代の貯金事情について見てみましょう。20代前半は大学を卒業して、新卒で入社した会社で頑張っている真っ只中。20代半ば~後半にかけては、早ければ結婚や出産などを経験したり、転職やキャリアアップについて考え始めたりする人もいるでしょう。

 

貯金平均額

金融広報委員会による「家計の金融行動に関する世論調査(令和元年)」によると、20代の金融資産保有率は下記の通りであることが分かりました。

  • 単身世帯:54.8%
  • 二人以上世帯:77.1%

「金融資産」とは預貯金だけでなく株式、投資信託、生命保険なども含まれるのですが、20代の半数以上は金融資産を保有しているようです。さらに、20代の金融資産保有額の平均値は下記の結果となりました。

  • 単身世帯(金融資産保有世帯):198万円
  • 単身世帯(金融資産を保有していない世帯を含む):106万円
  • 二人以上世帯(金融資産保有世帯):220万円
  • 二人以上世帯(金融資産を保有していない世帯を含む):165万円

この結果から、20代は単身世帯よりも二人以上世帯のほうが、貯蓄や保険などをうまく活用して資産を運用していることが分かります。

 

貯金ができる人の特徴

20代で貯金ができている人は、どのような人たちなのか気になりますよね。先ほどの調査結果や20代ならではの特徴から分析してみましょう。

・先取り貯蓄を活用している
実は「家計の金融行動に関する世論調査(令和元年)」では、20代は財形貯蓄を活用していることが判明しています。

  • 単身世帯:7.1%(30代の9.1%に次ぎ2位)
  • 二人以上世帯:16.7%(50代の19.7%に次ぎ2位)

20代は年収額が他の年代よりも低いぶん、給与から天引きされて貯蓄されていく先取り貯蓄型の財形貯蓄などを活用することでうまく貯金できているようです。

・実家暮らしをしている
20代はまだ結婚をしていなくて実家から通勤している人も多いでしょう。もちろん実家にお金を入れている人も多いと思いますが、家賃・食費・光熱費・日用品代などを一人で負担しなければいけない一人暮らしの人や、家族を養う必要のある既婚者よりは、金銭面の負担が少ないのも事実です。そのぶん自分の貯蓄に回せるゆとりがあるため、実家暮らしをしている人のほうが貯金できているでしょう。

 

貯金がしづらい人の特徴

一方で、20代で貯金がしにくい人にはどのような特徴があるのでしょうか。

・出費が多い
単純に出費が多く、貯金に回すぶんのお金がない人が多いのが特徴です。まだ結婚・出産をしていない20代の人は仕事以外の自由に使える時間が多いですが、そのぶん飲み会やギャンブル、自分磨きなどにお金を使ってしまいがち。出費が多いのを見直す機会もなかなかないため、自分がどのくらい娯楽などにお金を費やしてしまっているのか把握できず、そのまま貯金をせずに過ごしていることが多いです。

・収入が安定していない/低い
厚生労働省による「国民生活基礎調査の概況(2018年版)」によると、20代の非正規雇用社員の割合は下記の通りになっています。

  • 20~24歳男性:33.9%
  • 25~29歳男性:15.2%
  • 20~24歳女性:34.8%
  • 25~29歳女性:30.0%

男性の場合は30~59歳の間の非正規社員比率が約8~12%であるのに対して、20代では多くの割合の労働者が非正規雇用で働いています。女性は結婚や育児などを期にパート勤務などに変更する人が多いため、30代以降も非正規雇用の割合が多いのですが、20代でも30%超は非正規で働いているのです。つまり、そのぶん収入が安定していなかったり低かったりするため、貯金をすることができていないと考えることができます。

 

30代の貯金

iStock-482561831
それでは、次に結婚・出産・育児などのライフイベントを迎える30代の貯金事情を見てみましょう。

 

貯金平均額

先ほどと同様に金融広報委員会による「家計の金融行動に関する世論調査(令和元年)」の調査結果を参照すると、30代の金融資産保有率は、

  • 単身世帯:63.5%
  • 二人以上世帯:84.2%

30代の金融資産保有額の平均値は、

  • 単身世帯(金融資産保有世帯):572万円
  • 単身世帯(金融資産を保有していない世帯を含む):359万円
  • 二人以上世帯(金融資産保有世帯):640万円
  • 二人以上世帯(金融資産を保有していない世帯を含む):529万円

となっており、20代と比べてグッと金額が上がっていることが分かります。
また、二人以上の世帯のほうが単身世帯よりも金融資産保有額が高くなっています。

 

貯金ができる人の特徴

30代で貯金ができている人は、どのような人なのでしょうか。

・結婚や出産などをきっかけに保険に加入する
20代は財形貯蓄をしている人の割合が高いことが分かりましたが、「家計の金融行動に関する世論調査(令和元年)」によると二人以上世帯の30代は生命保険などの積み立て型保険に加入している人が多いことが分かっています。

その割合は62.5%で、なんと全世代の中でもトップ。これには、結婚や出産などで家族が増えたことにより、家計を見直して保険に加入する人が増える傾向にあるためかもしれません。

・収入アップのために転職をする
貯金にお金を回すためには、シンプルに収入を増やすことが一番の近道。そのため、企業側の需要が多い30代は、転職を検討するベストタイミングとも言えます。30代は、20代で培ったスキルや実績があるため転職しても即戦力として活躍することができますし、定年退職するまでも転職先でキャリアを積む時間も残されています。そのため、30代での転職は収入アップも可能なため、貯金できる余裕も生まれるのです。

 

貯金がしづらい人の特徴

対して、貯金がしにくい人の特徴はどのようなものがあるでしょうか。

・結婚資金や子育て費用で使ってしまう
多くの30代の人が結婚や出産などのライフイベントを経験しますが、20代の時に結婚資金や子育て費用を蓄えておかなかった場合、その出費がかかってしまって貯金できないことも多いです。共働き夫婦の場合は子どもを保育園に預ける必要がありますが、都心部では保育園の利用料も高いため、予想以上に子どものための費用が出ていってしまいます。

・住宅ローンの負担が大きくなる
統計局の「平成25年住宅・土地統計調査結果」によると、持ち家率の年齢別推移は、

  • 25歳未満:3.4%
  • 25~29歳:11.3%
  • 30~34歳:28.7%
  • 35~39 歳:46.0%
  • 40~44歳:55.8%

となっており、30代で自宅を所有する人の割合がグンと伸びることが分かっています。それまでは賃貸住宅に住んでいて会社の住宅手当などで補填できていた部分が、家を持つことで全て自分で支払っていく必要が出てくるため、家計の中でも住宅ローンの費用負担割合が増えてしまうでしょう。

 

40代の貯金

iStock-480313043
最後に、40代の貯金事情を見てみましょう。

 

貯金平均額

金融広報委員会による「家計の金融行動に関する世論調査(令和元年)」の調査結果を参照すると、40代の金融資産保有率は、

  • 単身世帯:59.5%
  • 二人以上世帯:81.3%

40代の金融資産保有額の平均値は、

  • 単身世帯(金融資産保有世帯):972万円
  • 単身世帯(金融資産を保有していない世帯を含む):564万円
  • 二人以上世帯(金融資産保有世帯):880万円
  • 二人以上世帯(金融資産を保有していない世帯を含む):694万円

となっています。20代・30代とは反対に、金融資産を保有している世帯では、単身世帯のほうが二人以上世帯よりも金額が高くなっています。

 

貯金ができる人の特徴

40代で貯金ができる人の特徴は、どのようなものがあるでしょうか。

・管理職に就く
労務行政研究所「役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向」によると、役職へ昇進する平均年齢は、

  • 係長:39.6歳
  • 課長:45.1歳
  • 部長:50.7歳

となっており、一般的に40代前後で管理職に就きます。管理職は手当がつくため収入もアップするので、貯金に回す余裕も出てくるのでしょう。

 

貯金がしづらい人の特徴

40代で貯金できない人はこのような特徴があるでしょう。

・子どもの教育資金がかかる
40代になると、子どもが中学生~大学生になります。学費だけでなく、塾や参考書代などの多くの教育資金が必要となってしまいます。学資保険などに加入していない場合は、計画的に教育資金を蓄えておく必要があるため、その貯蓄がない場合は家計から教育資金を捻出しなければいけないでしょう。

・家計を見直さない
忙しくてなかなか家計を見直す時間がないという人も多いと思います。情報に敏感な20代や30代は携帯プランの見直しや電力会社変更などで家計を少しでも節約している人が多いですが、40代になると「わざわざ変えるのが面倒」と見直しをしない人も多いようです。そのため、少額のムダやムラが積み重なり、家計に貯金の余裕がなくなってしまうのです。

 

まとめ

iStock-873080278
今回、平均貯金額や貯金ができる人・できない人の特徴を見てみて、ハッとした方も多いのではないでしょうか。これを機に、ライフプランを見直して貯金についても考えてみてくださいね。