お子さんが生まれたら、学資保険加入を検討しはじめるという方は多いでしょう。

学資保険は、お子さんが成長していく上でかかる教育費用を、小さい頃から保険料を積み立てることでまかなっていく、保険の一種です。どんなものがあるのか、いつから入れるものなのか、気になることは山ほどあります。

こちらの記事では、学資保険を検討されている方が気になる疑問をコンパクトにまとめ、特に学資保険の加入タイミングや年齢、学資保険に加入する際に知っておきたい基本事項を記載しています。ぜひ参考にしてみてください。
 

学資保険の加入時期

iStock-956311346
学資保険の加入時期は、どのように選べば良いのでしょうか。

学資保険に加入するのに最適なタイミング、加入時期によってどのようなメリットがあるのかをまとめました。
 

加入に最も適しているタイミング

加入時期のタイミングはいつからが適しているかどうかは一概には言えません。ご自身でお子さんのためにどれくらい貯めたいか、貯めるのであれば自分たちがどれくらいの保険料を月々支払えるのか、自分たちの給料から保険料を捻出するにはいくら必要となるのか、など家庭の経済状況によっても異なるでしょう。

ただし、一般的な家庭において言えば、出生前、あるいは0歳から入るのが比較的良いと言えます。お子さんがあまり成長してから貯め始めると、どうしても出生前から加入して資金を貯めていた場合に比べてまとまった金額を時得られる時期が遅れます。

もし0歳から加入して月々10,000円ずつ貯めていたとすると、6歳になるころには単純計算で720,000円貯められる計算になります。6歳から学資保険に加入したお子さんが「ピアノを買いたい」と言い出しても、その場では購入できるほどの資金がない、ということもあり得ます。

いざ大きくなったお子さんがやりたいことがあったときに、資金が足りないというのはつらいですよね。より早く、より多くの資金を貯めたいと思ったら、出生前や0歳のころから学資保険に加入するのがベストといえますし、お子さんの将来のためにもなるでしょう。
 

早く加入するメリット

早く加入することの大きなメリットとしては、月々の保険料が安くなることが挙げられます。学資保険には満期があり、期間内に貯められる金額が決まっています。

そのため、月々の保険料は加入し始めた時期から満了の期間で、満額を割った金額になります。出生前や0歳のころから加入すれば、加入から満了までの期間が長くなりますから、必然的に月々の保険料を安くすることができます。

また、学資保険加入においては、契約者である親の年齢も大きくかかわってきます。学資保険には、契約者である親が死亡したり障害を持ったりしたときのための保障がついているのが大半です。

そのため、加入時に親が高齢であればあるほどリスクがあるとみなされ、保険料も高く設定されるようになっています。契約者である親が1歳でも若いほうが、月々の保険料を安く抑えられるので、早ければ早いほどメリットがあるといえます。
 

出生前加入とは

生まれる前から学資保険に加入することを、出生前加入といいます。商品によりますが、出生前加入を可としているものは、通常出産予定日の140日前から加入が可能となっています。安定期に入り、出産予定日が確定した段階で加入することができます。

メリットとしては、前述したように早めに加入することで保険料を抑えることができる点、出生前であれば手続きも落ち着いてできるという点が挙げられます。出産後ではどうしても身の回りの世話で慌ただしくなりますし、体力的にも手続きに赴くのは厳しいでしょう。まだ出生前で学資加入を検討されている場合は、今のうちに手続きを済ませておくのが無難です。
 

加入できない年齢

学資保険の加入年齢は、商品によって異なります。一般的な学費保険は、18〜22歳を満期としているので、12歳くらいまでの期間であれば基本的に加入はできるようになっています。特に4歳くらいまでは大抵は加入できます。

ですが、6歳くらいから加入には制限のつくものが多いようです。ただし、これも目的によって商品のブランが異なり、ブランによって決まるところがほとんどです。

例えば、中学〜高校までの資金を貯めることが目的であれば、6歳や10歳までを加入年齢制限とするプランもあります。また、大学入学資金を目的としている場合は、12歳までを加入対象としているプランもあります。ご自身の目的に合わせて、プランを選ぶことが大切です。
 

商品ごとの加入可能時期

iStock-873078852
学資保険は、商品によって加入可能時期が異なります。主な生命保険会社の学資保険は、下記の通りです。

  • フコク生命:0〜7歳
  • 三井住友海上あいおい生命:0〜11歳
  • 東京海上日動あんしん生命:0〜9歳
  • アフラック:0〜7歳

また、同じ会社の商品であっても、ソニー生命のようにプランごとに加入可能年齢が異なってくることもあるので、プランをよく確認しておくようにしましょう。
 

学資保険の加入で注意するポイント

iStock-1130666637
学費保険に加入する際に、注意しておきたいポイントをまとめました。
 

加入できない子供の年齢

学資保険で加入できないケースとして最も多いのは、親が学資保険のことは念頭にあったけれど知識がなく、気づいたときにはお子さんの年齢が加入可能時期を超えてしまっていたというケースです。

多くの学資保険は0〜6歳くらいまでとなっています。10歳、12歳までの商品もありますが、あまり数は多くありませんし、前述したようにプランごとの目的なども異なるので制約も多くなります。そうしたケースに陥らないよう、事前にきちんと学資保険に関する知識を集めておきましょう。
 

加入できない親の年齢

お子さんと同じように、親にも加入する年齢に制限があります。前述したように、あまりに高齢だった場合は万が一のときに保険料が支払われなくなるリスクが発生するからでしょう。

基本的には親の年齢制限は60〜65歳としているところが大半ですが、最も長いのがJAのこども共済で、75歳を年齢制限としています。人によっては、祖父母が孫のために加入するというケースもあるようです。
 

まとめ

iStock-517715660
学資保険の加入時期について、簡単にまとめました。学資保険は0歳から、早ければ出生前から加入することができ、加入時期は早ければ早いほど、お子さんに有意義な体験を提供するための資金を貯めることができます。是非一度、検討してみてはいかがでしょうか。