仕事をしながら育児も両立するいわゆるワーキングマザー(ワーママ)は、毎日が仕事と育児、家事に追われがちです。そのため、転職してよりよい環境で仕事をしたいと思うこともあるでしょう。

しかし、待ってください。転職によって成功したと思ったワーママがいる反面、失敗したと思ったワーママもいます。

今回は、ワーママが転職する際に注意すべきポイントや知っておくべきポイントを中心にお伝えします。
 

ワーママが転職をする際に考慮すべきポイント4つ

そもそも考慮すべきポイントはどのようなものでしょうか。大きく分けて4つあります。
 

時短勤務制度

働きながら育児をする場合、特に子どもが小さいときにネックとなるのが退勤時間ではないでしょうか。保育園のお迎えについて、家族がしてくれるような環境や長時間預かってもらえるような保育園でない限り、時短勤務制度を利用できる会社を選ぶ必要があるでしょう。

この場合、時短勤務制度があるのかどうか、ある場合の時間帯はどうか、毎日時短勤務が可能か、入社から1年後など時短勤務が可能な在籍条件などがないか、などの点について確認することをおすすめします。
 

周囲からの時短勤務への理解

会社の制度として時短勤務制度があったとしても、実際に使用できなければ大変なことになります。在籍していた人の声などを参考に、その会社において時短勤務制度の利用への理解があるかどうか確認するとよいでしょう。

もっとも、面接に進んだ場合、最初の面接担当者は現場のリーダーなどになります。そのため、こうした一次面接の際に、時短勤務制度の活用状況や自分が実際に時短勤務制度を利用して勤務することを希望しているなどと伝えてみることをおすすめします。
 

定休や長期休暇の取得タイミング

勤務先の休みなどについてもきちんと確認しておく必要があります。

サービス業の場合、土日も稼働するため、土日出勤で平日休みも多いからです。子どもは学生の場合、平日は学校へ行き、土日は休みで、レジャーなどに連れて行くことが難しくなってしまいます。

また、最近では運動会などは土曜日に実施しているところが多いため、土曜日に勤務になってしまうと休めないという危険もあります。配偶者の休日も土日の場合は、家族旅行が難しくなる場合もあるのです。

そもそも勤務曜日は固定しているのか、固定していない場合は出勤の希望がシフトで柔軟に担当してもらえるのかどうか、などきちんと確認しておく必要があるでしょう。

特に子どもの学校行事に参加できないことで子どもに泣かれる、思い出を共有できない、などという場合、なんのために働いているのか分からなくなってしまうと、モチベーションの低下にも繋がってしまいます。

また、子どもが習い事をしている場合に送迎や立ち会いが必要などという場合に備えて、勤務日が希望通り叶うかどうかも重要な確認事項になってきます。

残業が多く発生する場合、退勤時間と習い事が問題ないとしても、結果的に対応できず、転職が失敗してしまうなどといったリスクが発生してしまうからです。
 

産休育休制度

子どもを今後も生みたいという場合、産休や育休制度も重要な確認事項となってきます。

出産や育児に寛容ではない職場の場合、結果的に退職しなければならないことになるかもしれません。産休や育休を終えて就業している女性社員はどのくらいいるのか、など実際の運用についても確認しておくことをおすすめします。
 

ワーママの転職、成功する人のポイント

iStock-1153963116
ワーキングママの転職で成功する人のポイントとして、いくつかあります。

まず、目的や優先事項をしっかりと持つことです。そして、その優先事項をどの程度満たしているかきちんと転職サイトなどで確認することも成功へのポイントとなります。

たとえば、育児との両立を重視するために、子どもの小さいうちは営業事務に従事し、本格的に仕事に集中できるようになったら営業でバリバリするというような場合です。また、時短勤務制度を利用していても、資格を取ることができ、資格手当が出る、といった制度があるのもよいでしょう。

基本的に子育ても充実できて、キャリアも十分に積めるという転職は難しい傾向になっています。そのため、転職ではどんな点を優先させるかを明確にしながら転職活動を行うことが、結果的に転職先の勤務を長く続けることができる可能性を高めるのです。
 

ワーママの転職、失敗する人のポイント

iStock-821212928
他方、ワーキングママの転職で失敗する人のポイントとしては、まず、育児と両立できないで結局仕事を続けられなくなった場合が挙げられます。

ママとしてしなければならないことと仕事は別です。どちらか一方をがんばったとして成果をあげられたとしても、他方で成果が上がらなれば、続けていくことはできなくなるからです。

続けられないのは、時間的な問題だけでなく、業務のつらさもあるでしょう。たとえば営業職で、常に全力で業務に当たり続け成果を出さなければならないような場合、単独でも厳しいのに、両立することはかなり厳しいといえるでしょう。育児で子どもに手がかからなくなるまでは相当の年月がかかります。

また、育児との両立を重視しすぎて、キャリアが積めないというリスクもあります。せっかく長期間時短勤務制度を利用して働いたとしても、全くキャリアが積めなかった、という場合もあるからです。

子育ての手が離れ、仕事にいよいよ集中できるときには仕事がない、などという事態にならないようにしなければならないでしょう。

また、転職のタイミングが悪く失敗してしまうこともあります。もう少し経てばフルタイムで勤務できるようになるのにもかかわらず、時短勤務制度を利用する前提で転職してしまい、結果的にやりたい業務につけなかったような場合です。

子どもを保育園に入れたいために、急いでフルタイムの派遣社員で働き始めたけれど、正社員のときよりも収入が落ちてしまった、などという失敗例もみられます。

以上のように、成功する人と失敗する人の分かれ目は、あれもこれもと求めすぎないで目的を絞れるかどうかということができるでしょう。
 

ワーママの転職は怖くない!知っておくべきポイント

iStock-943307778
ワーキングママの転職において、知っておくべきポイントについてもみておきましょう。
 

面接官や人事担当者は、面接で男女雇用機会均等法に抵触する質問はできない

男女雇用機会均等法は、男女といった性別で異なる取り扱いを禁止している法律です。

そのため、女性であることを前提に、「この仕事は女性には難しいと思うけれども、どう思う?」などという質問はできないようになっています。育児と両立するのは難しいという場合もです。

また、総合職は全国転勤がある、と女性に対してだけ強調するのもこの法律に抵触します。こうした男女雇用機会均等法に抵触するような質問をされた場合は、公的機関(労働室雇用均等室)に相談することができます。
 

面接官や人事担当者は、家族の収入、資産、住居状況を聞くような質問はできない

さらに、これは男女同様ですが、家族の収入や資産などを聞くような質問をすることもできません。本人の現在の収入を聞くことは、転職後の収入を算定する際に必要な事項ゆえ、質問は禁止されていません。

しかし、家族の場合は、本人の能力とは関係がありません。さらに住居状況は、生活水準などを推察できる場合もあります。そのため、本来本人の能力で雇用が決められるべきところ、他の要素で判断することは差別的な取り扱いとなってしまうからです。
 

まとめ

働きながら子育てをしていくことはとても大変です。そのため、どうしても今の職場からよりよい環境に転職したいと思うのは当然でしょう。

しかし、失敗しないように慎重に転職活動をすることをおすすめします。転職エージェントに頼るという方法もおすすめです。