決まらない転職活動 不安を和らげる解消法とは?

なかなか決まらない再就職に焦りを感じる、不安で思い悩んでしまうことはありませんか。

思い切って働いていた会社を辞めてみたはいいものの、思うように転職先が決まらないことで「辞めないほうが良かったのかな」と思ってしまったなどということも。今迄の環境から一変して違う道を決める途中経過であるからこそ、転職先が決まらないということで不安に感じるのはもっともなことです。

また、自分の望んだ一社の内定の為にたくさんの企業を応募し、面接し続ける日々は、心身ともに疲れるものです。だからこそ、転職活動は長引けば長引くほど自分に自信を持てなくなってくるのも当然のことです。

今回は、そんな不安や焦りに負けずに自分自身の本当の力を転職活動で発揮できるよう、不安の解消法や焦りに対する対策についてご紹介します。

 

転職が決まらなくて不安なとき

iStock-821212806

空白の予定

転職活動の中で特に不安になるのは、採用試験に落ち続けて次の転職活動での予定がないことや、目標がなく、これからどうやって動けばいいのかわからないこと等が不安を助長させる原因となってしまいます。

その為、不安になったときは予定を立てることをお勧めします。自分がこれからどうすればいいのかを予定を立てることで明確にしましょう。「一日何もしなかった」、「できなかった」というのが罪悪感や不安の原因になってしまいます。

空欄の予定表をみると不安になってしまいますが、何か行動をし続けていれば不安を感じている事よりも、転職に向けて何かしていることで安心できることもあります。

また、「何月までに決める」などの目標を立てて動くのも、時には良いでしょう。しかし、追いつめすぎてしまうと精神的に落ち込んでしまう場合もあるので、やりすぎには注意です。
 

自分一人で解決しようとする

転職活動は、新卒での就職活動のように同級生とスタートが一緒ではないので、一人で求職活動をする人がほとんどではありませんか。

しかし、一人で黙々と求職活動をし続けるのは精神的にとても孤独なものではないでしょうか。もちろん、採用がはやくに決まり、望んだ職に内定が出てしまえば良いですが、転職活動が長引いてしまった場合、一人で何とかしようとするのは厳しいです。ずっと同じ方法で採用試験をし続けるのも、現状の打破につなげるのが難しいので、できるだけ他人の意見を取り入れることをお勧めします。

おすすめなのは転職エージェントや転職サポートに相談することです。自分ではわからない適職を一緒に考え、問題解決を積極的に相談してくれます。

1人で抱え続けるとストレスの行き場がなく悪循環になってしまいます。転職エージェントでは転職での不安などの相談もしてくれますので、不安で解決の糸口が見つからない場合は人に相談することや、転職のプロの意見を取り入れるのがおすすめです。第三者の意見によって、何が悪かったのか気付くこともできます。

今迄やっていなかった方法が、視野を広げてくれる場合もありますので、サポートサービスを活用してみるのも一つの手です。

 

不安をなくすためには?

iStock-903205772

不安は転職活動が長引けばどんどん不安が蓄積していってしまいます。日々ストレスが溜まっていってしまいますので、できるだけ不安を感じないような工夫が必要です。

では、どういったことをすればいいのでしょうか。不安を感じてしまったときどのような対策をしていますか。ただ、不安をやり過ごしているだけでは解決にはなりません。なので、不安を感じるようになった時は、まず、はじめに「自分がどのような理由で不安に感じているのか」について見直してみることが大事であると言えます。

例えば「予定が空欄で前進していないのではないか」と感じるならば、予定の見直しと与点を立てることなどの行動で不安を軽減できますし、「面接でうまくこたえられるか不安」と感じるならば面接の対策を立てることで建言することができます。理由の分からない不安程おそろしいものはありません。ですので、不安を感じた場合は、何が不安なのかを整理し、書きだすと良いでしょう。

また、不安と焦りで自分が「社会から必要とされていないのではないか」などの不安を感じ、悩みを抱えてしまった場合は、人に相談することも重要です。先ほどご紹介した、転職エージェントでの相談では、転職活動での不安の相談も受け付けていますし、問題解決を探してくれます。知り合いや友人、家族に相談するのも良いですし、相談しやすい相手に悩みを打ち明けることによって、精神的なメンテナンスをすることが重要です。

また、面接でうまくいかないという場合でも、自分自身の見直しが面接での自己アピールなどの元になる場合がありますので、面接対策の一環として、自分自身のことを一回見なおしてみるのも良いでしょう。

例えば、転職活動が長引いてしまったことで「自分がどんな仕事をしたいのか」、「どんな働き方をしたいのか」を不安に邪魔されてしまい、見失っている場合があります。自分が、どんなことがしたいのか、どんな仕事があっているのかについて、時々再確認したり、見直してみることで、自分の行動が脱線している事に気づくきっかけになる場合もあります。

また、面接対策としても、自分自身の言葉で話すことが何より求められますので、見直しは必要な部分となってきます。

 

まとめ

iStock-974828148

いかがでしたか?

転職活動が決まらない場合は、自分の思ったように転職活動をするだけではなく、知人を頼ったり、相談をしてみることで、今までにない視野を広げてみることが解決のきっかけになることもあります。いつもと違った行動によって今まで見つからなかった糸口が見つかり、うまくいくこともありますので、できるだけ色々試してみること、転職活動に変化をつけることをお勧めします。

また、焦って見つけた内定でせっかく転職をしたものの、仕事があっていなくてつらいと思うことはもったいないです。ですので、焦らずに、自分に合った仕事を見つけることが重要です。焦らずに、見つめなおすことで良い転職になりますよう応援しています。

 

女性が活躍している企業

住友生命保険相互会社

株式会社セブン&アイ・ホールディングス

株式会社資生堂

 

もっとあなたらしく働ける会社があるかも?

Clarity(クラリティ)は、結婚、出産、育児と、変化するライフスタイルを通じてキャリアを続けたい女性のために、「働き方」で企業が探せる総合データベースです。

「育児時短勤務」や「リモートワーク」ができるかなど、約2万社のデータを無料公開中。今すぐ気になる企業をチェックしよう!