ビジネスメールの締めや結びは、メールを書く上で重要です。とはいえ、「なんて書けばいいの?」「どう締めくくれば失礼がないの?」と、適切な言葉がわからない人は少なくありません。今回は、ビジネスメールの締めを考えるポイントやシチュエーション別の例文を紹介します。
 

ビジネスメールの締めや結びはなぜ大切なのか

iStock-948770396
ビジネスメールにおいて、締めや結びの言葉が重要視されている理由は、締めの言葉でメール全体の印象が大きく左右されるためです。ビジネスメールに締めや結びの言葉が入っていないと、ほとんどの人は文章が中途半端に終わっているような印象を受けます。

さらに「一般常識がない人なのかな…」と思われてしまう可能性も高いです。それほど、ビジネスメールの締めや結びの言葉は重要な役割をもっています。
 

ビジネスメールの締めを考えるポイント

iStock-953210754
ビジネスメールの締め方が大切とはいえ、あまり難しく考える必要はありません。ポイントを押さえれば、シチュエーションにぴったりなビジネスメールの締め言葉が必ずみつかります。これから、ビジネスメールの締めを考えるポイントを説明します。
 

返信が必要なのか、不要なのか

返信が必要なのか、不要なのかをはっきりさせるだけでも、自然とふさわしいビジネスメールの締めの言葉が見えてきます。ビジネスメールの締めの言葉を考えるときの基本は、返信の有無だと覚えておきましょう。
 

メール本文の内容や温度

ビジネスメール本文の内容や温度によっても、締めの言葉を使い分けることが重要です。一言でビジネスメールといっても、以下のようにさまざまなシチュエーションがあります。

  • お礼
  • お願いや依頼
  • 謝罪 など

たとえば、お願いや依頼をする場合のビジネスメールの場合に、お礼の言葉で締めくくっていてはおかしいですよね。また、深いお詫びの気持ちを伝えたいメールの場合に、「申し訳ありませんでした」だけではしっくりきません。送るビジネスメールの内容や温度を考慮して、上手にまとまる締めの言葉を使いましょう。
 

相手との関係性

ビジネスメールを送る相手との関係性を考えることも、締めの言葉を考えるときのポイントです。基本的な結びとして、「よろしくお願いいたします」という言葉がよく用いられます。しかし、ビジネスメールを送る相手が目上の人や取引先の顧客などであれば、「今後も末永くお引き立てを賜りますよう、よろしくお願いいたします」などというように、より丁寧な言葉に変えるほうが印象はアップします。

関係性にふさわしい締めの言葉を使えると、相手とより良い関係を築いていくことができます。
 

季節を考慮する

ビジネスメールの締めに季節を考慮した言葉を添えられると、相手との距離が近づきます。ビジネスメールは仕事上のやりとりなので、どうしても固い文面になりがちですよね。そんな中、ビジネスメールの最後の結びに季節を絡めた気配りの言葉を使うと、自分の気持ちを効果的に相手に伝えることができます。

受け取る側も心づかいを感じられて、嬉しく思うものです。定番の締めの言葉に加えて、季節に応じた結びも使えると仕事がスムーズに進めやすくなるはずです。
 

ビジネスメールの締めで使える!例文集

iStock-876292484
これから、ビジネスメールの締めで使える例文を紹介します。シチュエーション別に紹介するので、自分がしっくりくる言葉を探して活用してみてください。
 

基本の締め

ビジネスメールの締めで使用頻度が高い、基本の締めは次の通りです。

  • よろしくお願いいたします。
  • 引き続きよろしくお願いいたします。
  • 今後ともよろしくお願いいたします。
  • 今後もお付き合いよろしくお願いいたします。

目上の人や取引先の顧客などに送るビジネスメールには、次のようなより丁寧な言葉で結びます。

  • 何卒よろしくお願いいたします。
  • 今後ともご指導を賜りますようお願い申し上げます。
  • 今後もよろしくご愛顧のほどお願いいたします。
  • 今後ともお引き立てくださいますようお願い申し上げます。
  • 引き続きこれまで同様お引き立てくださいますようお願い申し上げます。
     

返信がほしいときの締め

返信がほしいときのビジネスメールでは、期日がない場合は次のような言葉で締めくくるといいでしょう。

  • ご回答お待ちしております。
  • お手数おかけいたしますが、ご返信いただけますと幸いです。
  • ご多忙の折、大変恐縮ですがご返信いただけますと幸いです。

ある期日までに返信がほしい場合は、以下のように日にちも明記して締めくくります。

  • お手数おかけいたしますが、〇月〇日(曜日)までにご回答いただけますと幸いです。
  • お忙しいところ大変恐縮ですが、〇月〇日(曜日)までにご返信いただきますようお願いいたします。
  • お忙しいところ恐れ入ります。本案件について〇月〇日(曜日)までにお知らせ願います。

時間の指定もある場合は、時間も忘れずに明記しましょう。
 

返信は不要なときの締め

こちらからのメールに対して、返信は不要の場合もありますよね。その場合は、締めの言葉で返信がいらないことを知らせるほうが親切です。

  • ご返信は不要です。
  • 以上、何か質問がございましたらお知らせください。
  • では、またこちらから連絡いたします。

「返信不要」とはっきり書かなくても、その意図を含んだ言葉で締めくくれば返信は必要ないことが相手に伝わります。
 

依頼やお願いしたいときの締め

相手に依頼やお願いがある場合の締めは次の通りです。

  • ご確認のほど、よろしくお願いいたします。
  • ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
  • お力添えくださいますよう、よろしくお願いいたします。
  • お忙しいところ恐縮ですが、ご対応いただきますようお願い申し上げます。
  • ご多忙の中、お手数おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
  • ご査収のほど、よろしくお願い申し上げます。
  • 誠に勝手なお願いではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
     

お礼するときの締め

お礼するときの締めは、感謝の気持ちの度合いによって使い分けます。軽めのお礼で済ませるべき場合は、くどくならないように次のように締めくくるといいでしょう。

  • まずはお礼まで。
  • まずは取り急ぎ、メールにてお礼申し上げます。

深い感謝の意を伝えたい場合は、文面でも感謝の言葉を述べ、締めでも次のように締めくくります。

  • この度は心よりお礼申し上げます。
  • 重ねてお礼申し上げます。
  • 厚く御礼申し上げます。
  • ご厚情を賜り、誠にありがとうございます。
  • この度の件につきましては、謹んでお礼申し上げます。
     

謝罪するときの締め

メールで謝罪する場合は、冒頭や内容でもしっかり謝罪の言葉を述べて、締めでも次のような言葉で改めて謝罪の気持ちを表します。

  • 謹んでお詫び申し上げます。
  • ご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。
  • この度はご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございませんでした。
  • 何卒ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。
  • ご理解の上、ご容赦くださいますよう平にお願い申し上げます。
     

季節を考慮した締め

季節を考慮した締めは、季節ごとに様々です。

春:「年度の変わり目でお忙しいことと存じますが、お体を大切にお過ごしください。」
夏:「猛暑の折、くれぐれもご自愛下さいませ。」
秋:「季節の変わり目、お風邪など召されませんようお体にお気を付けください。」
冬:「寒い日が続いております。お体に気を付けてお過ごしください。」「本年も大変お世話になりました。良い新年をお迎えください」

季節の特徴に絡めて、相手の体調や気持ちに寄り添うような言葉を添えるのがポイントになります。
 

まとめ

iStock-943327252
ビジネスメールの締めは、メールの印象を確定する重要な役割をもっています。メールの文面によって、適切な言葉で締めくくれるように日頃から意識してみましょう。